指輪をつける場所の意味〜右手の親指編〜

皆さんこんにちは。
宝石卸小売、創業40年の信頼と安心の宝石店
株式会社アティカです。

さて皆さん、指輪を付ける位置の意味についてご存知ですか?

一番有名なのが、左手の薬指につける、結婚指輪だと思いますが、他の指にも意味があるのをご存知ですか?

この意味をしっかりと理解した上でつけることで、指輪選びも面白くなると思います。

そこで今回は、指輪を付ける場所の意味〜右手の親指編〜についてご紹介いたします。

右手の親指に指輪をつけている人を時々みかけると思いますが、
意味としては、指導者の指という意味があるんです。

他にも、リーダーの風格や信念を貫くという主に、リーダーシップに関わる意味を多く含んでいます。

つまり、右手の親指に指輪をつけることで、集団のトップとして働く方にとってはとても良い意味を持っているんです。

皆さんも、どうせ指輪をつけるなら、意味や信念を意識してつけてみると面白いと思います。

指輪のことなら、アティカにお任せください。

 
貴方にふさわしい洗練された宝石をお探しならアティカへ
http://www.rakuten.co.jp/atikat/