ミル打ちについてご存知ですか?

皆さんは結婚指輪や婚約指輪を選ぶ際、なにを基準に選びますか?
デザインや素材、ダイヤの輝きなど様々な要素があって悩んでしまいますよね。

今日はそんな数多くある指輪のデザインの中から、ミル打ちについてご紹介します。

ミル打ちとは、ミルグレインとも呼ばれていて、ジュエリーのラインや縁の部分に細かい地金の粒を連続して打刻していく打法のことを言います。
ミルグレインとはもともとラテン語であり、「千の粒」という意味を持っています。
「千」は子宝や長寿、永遠を表すので結婚指輪や婚約指輪にぴったりですよね。

ミル打ちは繊細でありながら、豪華な印象も与えてくれます。
ダイヤなどの石がなくても光の反射によってミルグレインがキラキラと輝いて独特な風合いが美しいのです。
しかし、その美しさは素人や簡単に加工ができる型によって作り出すのは至難の業で、職人でないと均一で美しい粒は出来ません。
どうしても自分たちで手作りのミル打ちの指輪を作りたいのなら別ですが、そうでないのなら熟練した職人さんがいるお店にお願いするのがおすすめです。

どんな指輪がいいのか悩んでる方がいるなら、ぜひミル打ちも候補にいれてみてはいかがですか?

 

貴方にふさわしい洗練された宝石をお探しならアティカへ